「愛着」と「愛着障害」を学ぶ会

  • 2019.10.06 Sunday
  • 19:50

 

関係性の基盤「愛着」と「愛着障害」を学ぶ会

―― 子ども時代の傷を癒し、等身大の自分を生きて、内外の平和へ

 

日時 2019年11月30日(土)13:00〜15:30

参加費 2,000円+税(ハーブティー付、資料代込)

場所 ウォルプタスの家(葉山町)

ナビゲーター 翁川花伊子(関係療法・家族療法カウンセラー/社会学博士/日本福祉大学など歴任)

ご予約 yoyaku@tsukitotaiyou.net まで、,名前、△艦⇒蹐鯡正のうえ、お申込みください。

その他● 遠方の方、ご参加が難しい方向けにプラス1,500円でUSBでの受講&郵送可能です。

 

「愛着障害」って聞いたことがありますか。

 

『愛着障害』の著者で精神科医である岡田尊司氏によれば、不安障害、パニック障害、うつ、パーソナリティ障害、依存症と診断されている方の中に、愛着障害が絡んでいることが多いといいます。

 

これまでの治療や対処では改善しにくいケースほど、愛着の問題が潜んでいる場合があるそうです。

 

愛着の問題のある子どもや大人が、発達障害と誤診されるケースもあるとか。

 

近年、脳科学の進展とともに、日本でもやっとクローズアップされてきた愛着問題。

 

欧米では、児童精神科医のジョン・ボウルヴィや臨床心理士のデイビット・J・ウォーリンらが取り組んできました。

 

愛着は、幼少期の重要な養育者(主に母)との関係の中で育まれます。

 

戦後日本は、高度経済成長期と近代核家族化の急激な進展の中で、この愛着関係もそれまでとは劇的に変化することになりました。

 

「本音を抑えて人に合わせることに脊髄反射してしまう」

「〈いい人〉でないといけないと思ってしまう」

「相手のNoに強烈に傷つき見捨てられた感じがしてしまう」

「損だとわかりながら意地をはったり怒ったりしてしまう」

「親密な関係や、同じパターンで怒りが出てしまう」

「人と関わることにいつもさざ波のような不安や苦痛がある」

「相手の顔色ばかりが気になってしまう」

「居場所がないと思ってしまう」

など…

 

戦後日本では、「いい子であること」「がまんすること」「忖度(そんたく)すること」が、美徳とされてきました。この教育方針は、心の解離やパーソナリティ障害などをじわじわと引き起こし、生き辛い人生を歩んでいる人たちがいまなおいます。

 

その意味では、私たち日本人は戦争体験の痛みを、社会全体で解離してきたともいえます。

 

私たち日本人が解離してきたもののひとつに「甘えること」があります。実は、まっすぐに甘えられないことこそが、共依存関係への落とし穴です。

 

精神科医・土井健郎は「甘え」の重要性を『甘えの構造』の中で説いたのですが、戦後教育ではむしろ「甘えてはいけない」「何でもひとりでやれ」と誤読されてきた歴史があります。

 

ちなみに「甘え」は、心に砂糖ばかりを与え続けて子どもが自分を生きることや自立を阻む負のグレートマザーとは似て非なるものです。

 

この違いをカテゴリーエラーしていることで、今日、さまざまな病理が現代の日本社会のシステムや家族や関係性の中で立ち現われています。これは、いじめ・DV・虐待・ハラスメント・ストーカーといった暴力の問題にも深く関係しています。

 

安定した愛着は、人間が等身大の自分らしい納得のいく人生を歩んでいくうえで、また、他者との絆ある関係を築いていくうえでも、とても大切なものです。

 

この勉強会では、愛着と愛着障害について全体的に知るとともに、安定した愛着を築いていくためのアプローチについてお伝えし、安定した愛着を再構築する関係療法のエッセンスについてもご紹介します。

 

また、幼少期の愛着関係のつくり方について具体的な方法をまとめた野口整体による実践法についても少しだけご紹介します。

 

安定した愛着は、大人になってからでも、いつでもつくり直しやり直すことができます。

 

もしいま、あなたがあなたの人生において、または、親密な関係の中で葛藤を抱えているなら、それは特別な絆をつくるチャンスかもしれません。

 

専門的な知識を、噛み砕いてわかりやすくお伝えいたします。ご自身のことに取り組みたい方、子育て中の方、初心者の方、専門家の方もぜひお役立てください。

 

ご参加をお待ちしています!

 『子どもとコミュニティ』創刊にあたって

  • 2019.10.06 Sunday
  • 10:12

 

 

「コミュニティ(community)」や「ソサイエティ(society)」という言葉は、日本語では「地域共同体」や「社会」と翻訳されてきました。しかし、明治期に「ソサイエティ」という言葉が輸入されたとき、それに当たる集合体は日本にはありませんでした。日本にあったのは、「世間」と言われる「想像的な集合体」でした。

 

「コミュニティ」という言葉も、日本においてそれは一体何を指し示すのか、いまだ社会学等の領域では議論が継続されています。近年では、「市民社会(civil society)」といった言葉も流行しましたが、これもまた同じ状況です。「アイデンティティ(identity)」もまたしかり。日本人にとって、アイデンティティほど切実であるにもかかわらず、感覚的に馴染みのない言葉はないと言ってよいかもしれません。

 

 あなたはなぜだと思いますか? 私のこの問いかけへのレスポンスを、あなたからお聞かせいただける日を楽しみにしています。(一応、誤解のないように付け加えておきますが、私はここで、西洋と東洋の優劣をお話しているのではありません。)

 

 日本社会では長らく、「世間」から外れないような生き方、「世間」に恥ずかしくないような生き方、「世間」を気にした生き方を「暗黙のうち」にすすめられてきました。その中で、私たちは「かけがえのない大切な自分」をないがしろにしなければならなかった歴史があります。

 

 しかし、かけがえのない大切な自分を生きてこそ、私たちのいのちはいきいきとし、生の充実を感じ、人生を生ききる意味を知ることができるのではないでしょうか。ひとりひとりが自分を生ききることを承認し合う集合体が、真のコミュニティなのではないでしょうか。そこには、自発的な相互扶助が生まれるはずです。喜びも悲しみも心で深く味わうことができ、苦難という泥の中に自分の魂の萌芽を見ることができるはずです。

 

 新しいいのちである小さな子どもたちが、いきいきとかけがえのない大切な自分を育むにはどうしたらよいのか? 大人たちはこの問いを通して、自分自身を羽化させ、関係を織り上げ、未来の人びとへとつながる真に開かれたコミュニティ、真に平和な社会を創っていくことができると私は信じています。

 

 この小さな雑誌が、大人たちの問いを深め、また、日々の実践の一助になることを、心から願います。

 

 

子どもが笑顔になる 歯のほんとうの話

  • 2019.05.19 Sunday
  • 09:48

 

子どもが笑顔になる 歯のほんとうの話 

 

●日時● 2019年5月19日(日)13:00〜15:30

●場所● ウォルプタスの家 

●参加費● 大人おひとり2,000円(お子さま連れ可・お子さまスペース有)

●講師● ヒロ歯科 高澤博幸

●ファシリテーター● さんごの暮らし相談室 月と太陽 翁川花伊子 

 

 高澤先生に初めてお会いしたとき、「歯は里山なんだよ」とおっしゃいました。心(山)と関係(人里)の境界であり、両方の影響が出る場所なんだ、と。

 高澤先生は、歯について、心・身体・関係性などからホリスティックに取り組まれている歯科医さんです。当日は、子どもの歯についてお母さんたちがよく抱えがちなお悩みから、歯科整体のこと、「自分を生きる」ということと歯、についてまで広く、かつ、深くお話いただく予定です。

 高澤先生はなかなか講演をされない先生ですので、今回はたいへん貴重な機会となります。ご参加を、心から、お待ちしております。


●お車でお越しの方は、当日は、徒歩約5分のところに駐車場がございます。どうぞお問合せください。

 

IMG_0001.jpg

個性を育む魔法の子どもクラス

  • 2019.04.11 Thursday
  • 09:42

  

 

名称

 

田澤朱美先生の個性を育む魔法の子どもクラス

 

 

 

 

日時

 

2019年4月11(木)10:00〜12:00

2019年4月25日(木)10:00〜12:00

2019年5月9日(木)10:00〜12:00

2019年5月23日(木)10:00〜12:00

2019年6月13日(木)10:00〜12:00

2019年6月27日(木)10:00〜12:00

 

 

 

 

 

 

メッセージ

 

 シュタイナー幼稚園で教諭をなされ、現在は、子どもたちと接してきた長年の経験と実践を踏まえて独自の幼児教育を創り始めている田澤朱美先生による、子どもの個性(=心・魂・いのち)を育むクラスです。

 ひとりひとり異なる個性を生きていい。「大切なかけがえのない自分」を生きていい。私たちひとりひとりが、その多様な個性を尊重し合うことができたら、どんなに世の中はあたたかく、承認を与えあい、助け合いのあるものになることでしょう。

 子どもが言うことを聞かない、大人しすぎる、消極的、わがまま、乱暴、すぐ泣く、甘える、お友だちと仲良くできない、じっとしていないなどの親のお悩みは、子どもの個性の発露でもあるのです。それが個性の発露だとみてくれる田澤先生のクラスは、子どもも親も心からの安心感で満たされ、子どもの育ちに、親は自分の子育てに自信がもてるようになります。

 ご参加を心からお待ちしています!

 

 

クラス

内容

 

自由遊び(室内遊び、外遊び)、お片づけ、音遊び(弦楽器ライアー、打楽器グロッケンなど)、お茶の時間、歌遊び、さよならの歌、など

 

 

対象者

 

2歳〜7歳くらいまでの子どもと親

(他の幼稚園・小学校に通われている方でも参加できます)

 

 

場所

 

葉山町「ウォルプタスの家」

 

 

 

参加費

 

各回 親子ひと組(大人1人、子ども1人)1,600

「ウォルプタスの家」ワンデイ・パスポート付

 

(ごきょうだいの子どもひとり追加につき700円、大人ひとり追加につき700円)

(全回のご参加をご希望の方は割引価格となります。詳しくはお問い合わせください)

 

 

 

 

 

ご案内

 

個性を育む魔法の子どもクラス.jpg

  


 

赤ちゃんの心と体をゆるめる講座

  • 2019.04.03 Wednesday
  • 09:43

 

ぐっすり眠れるようになって排泄も促進♪

赤ちゃんの心と身体をゆるめる講座

 

 「赤ちゃん」と呼ばれる時期は、まだまだ夜行性。眠りも細切れだったり、浅かったり、やっと寝かしつけた…と思ってお布団に寝かせたとたんに起きてしまうなど、お母さんも疲れがちなこの時期。赤ちゃんがぐっすり眠ってくれたら…(私はあの頃何度思ったことでしょう…)。

 現代は情報社会の時代、大人たちが何かと頭を使いがちなこともあり、赤ちゃんがなかなかゆるめる環境にないことも、赤ちゃんの眠りや排泄に影響しているようです。

 野口整体による赤ちゃんの心と身体をゆるめる家庭でできる手当法で、赤ちゃんがぐっすり眠れるサポートができます。そして、赤ちゃんにこの手当てをすると、お母さんも一緒にゆるめてしまいます。ご参加を心からお待ちしています!

 

●日時● 2019年4月3日(水)10:30〜12:00

●場所● ウォルプタスの家(葉山) 

●参加費● 1500円(「ウォルプタスの家」ワンデイ・パスポート付)

●講師● 「さんごの暮らし相談室 月と太陽」カウンセリング整体指導者・産後カウンセラー 翁川花伊子

●お申込方法● ,名前(お子さまと保護者の方)、△子さまのご年齢、△艦⇒軅茵淵瓠璽襦電話番号)を明記のうえ、下記の連絡先にメールかFAXにてお申込みください。こちらからのご返信をもって、お申込完了です。

●連絡先● 【メール】contact@voluptaspace.info 【FAX】046−878−8068

 

赤ちゃんのハイハイサポート講座

  • 2019.03.29 Friday
  • 09:43

 

しっかりハイハイの時期を過ごして歩き始めをサポートしましょう♪

赤ちゃんのハイハイ、サポート講座

 

 骨盤と手足を左右交互にしっかりつかってハイハイをたくさんする赤ちゃん期を過ごしたら、その後に歩き始めてからも足腰が安定します。万が一転ぶときにも、頭より先に腕が出るので、腕の力で自分自身を守れます。

 現代は家屋の欧米化とともにつかまり立ちしやすい環境となったこともあり、赤ちゃんがハイハイするのにお母さんのサポートが必要になってきました。つかまり立ちしたい好奇心旺盛な赤ちゃんの気持ちももっともですが…。このわずか数か月の時期にハイハイをたくさんして骨盤を育てると、身体全体の骨格が整いやすく心身が安定するのです。

 この講座では野口整体による、手足と骨盤をしっかり使った自然なハイハイができるようになるサポート方法を一緒に学びます。ご参加を心からお待ちしています!

 

●日時● 2019年3月29日(金)10:30〜12:00

●場所● ウォルプタスの家(葉山) 

●参加費● 1500円(「ウォルプタスの家」ワンデイ・パスポート付)

●講師● 「さんごの暮らし相談室 月と太陽」カウンセリング整体指導者・産後カウンセラー 翁川花伊子

●お申込方法● ,名前(お子さまと保護者の方)、△子さまのご年齢、△艦⇒軅茵淵瓠璽襦電話番号)を明記のうえ、下記の連絡先にメールかFAXにてお申込みください。こちらからのご返信をもって、お申込完了です。

●連絡先● 【メール】contact@voluptaspace.info 【FAX】046−878−8068

 


 

味噌づくりの会

  • 2019.03.07 Thursday
  • 09:47

 

今年最後の寒仕込み おいしい手前味噌をつくりましょう

味噌づくりの会

 

●日時● 2019年3月7日(木) 11時〜14時

●場所● 葉山町 ウォルプタスの家(味噌づくりの会にご参加の方は、当日の入館料は無料です)

●費用● 仕込み容器必要の方は 3800円(材料費・容器代・ごはんと味噌汁付)

     仕込み容器ご持参の方は 3000円(材料費込み・ごはんと味噌汁付)

●其他● おひとり出来高2圓量A垢鮖店みお持ち帰りいただきます。味噌の作り方オリジナルレシピ付。

●定員● 3名

 

 味噌づくり歴、はや十年。初めて自分で作った味噌を食べたとき、お味噌の本来のおいしさに驚嘆したのをよく憶えています。手作りのお味噌の味はまさに格別。 

 それ以来、おいしいお味噌づくりを追究して毎年試行錯誤を重ね、びっくりするような味を熟成する大豆と麹の分量や、発酵途中にカビが生えにくくなるコツなどを考案してきました。(ちなみに「手前味噌」の由来は、自分で作ったお味噌のおいしさを自慢し合ったことにあるそうです)

 今回の味噌づくりの会は、材料に逗子のオーガニックな食材店「陰陽洞」さんが厳選された大豆・麹・塩を使って作ります。おいしい味噌づくりは、材料選びから。

今年最後の寒仕込み、ご参加を心からお待ちしています!

 

●お申込み先●

E-mail  contact@voluptaspace.info

Fax  046−878−8068

(お名前、ご連絡先、仕込み容器の要・不要、お子さま連れの方はお子さまのご年齢をご明記のうえ、E-malまたはFaxにてご連絡ください。こちらからのご返信をもって、ご予約完了です)

●お子さま連れ可(赤ちゃん・子どもを見守りながら、味噌づくりをします)

●ウォルプタスの家は、子どもと保護者、産後の女性、子育て中の女性の、遊び場・ケア・くつろぎスペースです。

HP  https://voluptaspace.info/

Facebook  ウォルプタスの家(葉山町)

 

コンセプト

  • 2019.02.11 Monday
  • 10:09

 

ウォルプタスの家は

子どもと保護者・産後の女性・子育て中の女性が

安心して子どもと向き合い

親子でともに成長し

人生を自分らしく歩んでいけるよう

心と身体と関係性についての学びとケアと

くつろぎのスペースをご提供しています

 

人間の心の発達・成長は

幼少期の母子的な関係がとても大事であることが

愛着理論や関係療法によって改めてわかってきています

 

とはいえ、母親になるのも子育てするのも

子どもをもって初めて体験することです

 

初めから、うまくできる人はいるのでしょうか?

いっぱい失敗し、もう一度トライし、自分自身を見つめ直し

そうやって親も成長していくのではないでしょうか?

 

親が自分のことに取り組む姿を見て感じて

子どもも成長していくのではないでしょうか?

 

人間の意識や関係性は時代によって変わっていきます

 

P.アリエスが『子どもの誕生』で明らかにしたように

人間が「子ども」という概念をもち

子ども期が特別な時期だと認識し始めたのは17世紀〜18世紀と言われています

ちょうど、資本主義と近代科学が発展した時期

実は、資本主義と近代科学は乳幼児の死亡率を飛躍的に減少させました

 

もしかしたら次は、心と関係性を育む時代かもしれません

 

児童虐待防止法ができたのは2000年です

統計上は、この年以降、児童虐待の数が増加したと言われます

しかし、社会問題の構築主義が明らかにしたように

それまで虐待がなかったのではなく

虐待として問題視されなかったために統計上数えられなかっただけのことです

 

その意味で、現代は大人たちが子どもたちを尊重し保護し見守ることについて

やっと社会全体が少しずつ意識をもつようになったともいえます

子どものリズムを尊重する大人たちが増えてきていることは希望です

 

しかし一方で、子どもの成長や子育てについて不安を抱える方が増えてきました

子どもの心身の成長が遅いと感じたり発達障害的傾向があると感じたりして

ご自分を責める方もたくさんいます

 

考えてみれば、戦後、命の産み場所は自宅から病院へ劇的に移行し

いまの親と祖父母世代は子どもを産み・育む文化から

切り離された環境で育ってきた人たちなのです

 

ですから、産褥期を支える環境があった中で自然に子どもを産み・育てていた戦前といまでは

子育てについての意識や関係やリアリティが変わってきているのは当然のことです

 

子どもの心身はゆっくりと育ちます

健康な育ちには安心できる関係性と場づくりが欠かせません

 

お母さんの子宮のような安心できる空間の中で

子どもの心は丈夫に育ちます

 

そしてもし仮に何らかの事情で

幼少期に心の発達につまづきがあったとしても

人間は何度でも心を育むことができるのです

 

大人たちの中にも眠る幼少期の傷ついた心も

いつでも育み直すことができるのです

 

ウォルプタスの家は

親子で健康に育ち、親子でともに成熟し

親子それぞれが自分らしい幸せをつくっていけるような

そして何よりも、ぽかんと安心してくつろげるような

さまざまなコンテンツをこれからもご提供していきます